いざというときに頼れるのはやっぱり身内

今すぐ必要、ということならやはり身内、それも親に頼みます。数十万なら出してくれると思います。もちろん、必死になって少しでも早く全額返します。

こういうときに頼みやすいのは母親のほうですね。借金をお願いに行って父しかいなかったら、思わず出直してしまうでしょう。父親でも貸してくれると思いますが、何にどれほど、いつまでに必要なのかを詳しく聞いてきそうで、それがちょっと困る気もします。お金を貸すに当たっては必要なことですが、そのあたり母親なら多少甘いのではないかと思います。

私にはきょうだいもいますが、結婚して子どももいるので経済的に楽なわけではないことを知っている以上、きょうだいには頼みにくいです。無理を言って夫婦仲が悪くなっても申し訳ないですから。

そう考えるのは多分、私だけではないのでしょうね。だから振り込め詐欺がなくならないのです。子どもがお金に困っていると聞くと、何とかして出してやりたいと考える親は多いということでしょう。

しかし親も年を取ります。私の親も、いつ倒れてもおかしくない年齢になってきていますので、もしお金必要になった時に親が健康を害していたとしたら、消費者金融などお金を貸してくれるところへ行くしかないです。親戚、友達に借りるのは嫌です。おそらく頼んだ瞬間に付き合いは壊れてしまうでしょう。いくらちゃんと返したとしても、今までと同じ付き合いはできなくなります。そう考えると、金利が高くても消費者金融や銀行のカードローンのほうがずっとマシな気がします。

お金を借りること自体に抵抗はないが必要最低限度にする

急にお金が必要になることは、今の世の中では珍しいことではないものです。クレジットカードやキャッシングを利用することは悪いことではありませんが、積極的に利用していいものではないことはたしかです。
きちんと返すことができればいいですが、今でも無計画にクレジットカードを利用したりキャッシングをする人はいるものです。
突発的なことが起これば、誰でも無計画に借りてしまう可能性があるものです。
個人的にはどうしても必要な場合、お金を借りると思いますがそれでも必要な分だけしか借りないはずです。
出来るならば借りないで済ませることが理想的ですが、突然のことがあれば借りることもやむ負えないものです。

借りる金額は状況によって変わるとしか言いようがありません。利用することといえば突然の冠婚葬祭の場合のみになるはずですので二万円から三万円程度になるはずです。
仮に必要以上に多く借りてしまった場合、返すのが大変になります。
ついつい返すのを忘れてしまうことが多いので、余計な利息を支払う可能性が高いです。無駄なお金を使わないためにも必要最低限で済ませるのが一番いいものです。
お金はあれば安心できるものですが、借りているお金でもあれば安心してしまうものです。
クレジットカードやキャッシングは、よほどのことでもない限りは上限いっぱいまで借りることができるものです。
少し借りるのも気をつけておく必要があります。
ちょっと借りただけでも、積み重なっていけば高額になってしまうので気をつけるはずです。

仕事を辞め、切迫した状況に陥ったときに

今すぐにお金が欲しいと思ったとき、私は前職を辞めニートでした。そもそも前職を辞めたのはその会社がいわゆるブラック企業だったために鬱になったことが原因で、次の職をすぐに探す気にもなれず前職のときに蓄えたはした金で生活していました。仕事を辞めてからは実家に戻りましたが仕事もせず寄生している自分に情けなさを感じるものの、身体が動かないという状況でした。それでもそのまま親の脛をかじっているわけにもいかず、せめて生活費だけでも家に入れるためにお金が欲しいと思うようになりました。

実際お金をどこからか借りることはなかったですが、自分の持ち物でお金になりそうなものは手放して現金化していました。もし誰かから気軽に借金できる状況であれば借りていたかもしれません。ただその時は幸か不幸か借りても返済できる見込みがなかったため、借金はせずに済んでいました。

現在は体調も良くなりいろいろな面での欲が出てきたので「友人と旅行に行きたい」とか「あの服が欲しい」とかお金がないと満たされない欲求が増えていますが、自分のお財布と折り合いをつけながら生活しています。ニート時代とは必要とするお金の使い道が変わりましたし最低限の生活は保障されているのですが、お金はどんどん欲しくなる一方です。ニートを経験して生きていくためにお金は必要だと改めて感じ欲求にも上限がないと学びましたので、今後もお金とは上手に付き合っていこうと思っています。

貯まったリクルートポイントの使い方

貯まったリクルートポイントは、様々なシーンで大活躍する事間違いなしのポイントになっています。ポイントを使用する場合、1ポイント=1円分の価値としてお金のように使用する事ができ、買い物や旅行などに使用する事が可能!

オンライン通販、通信販売を楽しむことの出来るポンパレモールをはじめとし、ホットペッパーグルメやじゃらんなどでも使用が可能です。
じゃらんポイントを貯める

また、「大丸」「PLAZA」「BEAMS」など、好きな店舗の電子商品券やギフトカードのも交換する事ができ、自分に合ったポイントの利用を行う事ができます。

その他にも、提携しているポンタポイントに移行することもできる為、ポンタポイントに移行するとローソンやケンタッキーなどでも買い物が可能!

また、指定のガソリンスタンドでも使用する事ができるので、家計のちょっとしたお助けアイテムになる事もあるかも知れませんね。

違った利用方法としては、スマートフォン用のファッションアプリ「ショプリエ」を利用すると、貯まったリクルートポイントを「ショプリエ」が提携する各種ブランドのギフト券等と交換することまで可能!

パルコや東急ハンズ、ユザワヤ、靴下屋などと提携している為、お気に入りのショップを見つける事ができると思います。

お金がなくて必要なときも、自分の収入予定範囲でなんとかしよう

お金が無いと感じるのは、まずお財布にお金が無いとき、さらに、普通預金口座(生活費全般を準備するための)が僅少になった時に、凄く感じます。

こんなときは、まず、次の収入があるまでは、カード支払いを利用します。

まず、生活していくために必要なものだけにカード支払を使います。最近はスーパーマーケットも使えますので、余分なものは我慢します。

銀行や消費者ローンは絶対使いません。癖になるように思えて仕方ありません。金利も高いですし、基本使わないことに決めています。

それでも、どうしても、必要な出費があれば、定期預金でも解約します。でも、お金がないと感じるのは、普通預金がゼロに近づいた時です。

自分の中では、定期預金みないな貯蓄はお金がある無いを感じる範囲外にあります。将来のためのものと見ていて、今使えるお金ではないのです。

カードローンの使用で3日間とか期間が少しで直ぐ返済できる場合、使用も可と考えています。しかし、銀行や消費者ローンは怖いイメージがあり利用しないように考えています。

気が小さいので、お金を借りるのは極力避けています

私は臆病な人間なので、基本的に借金することに抵抗感があります。
高額な商品を購入する時も、分割払いは避けて、一括払いで購入するようにしています。
返済しなくてはいけない!と思うのが、プレッシャーになってしまうからかもしれません。

できるだけ借金はしないようにしていますが、友人の結婚式ラッシュがあった時は、ご祝儀にドレスにとお金がかかってしまい、どうしても乗り切ることができませんでした。
どうしようか迷った末、両親からお金を借りることにしました。
恥ずかしかったのですが、銀行や消費者金融から借金するのは抵抗があったんですよね。
金利がかかることと、返済期日があることが、やっぱり気になってしまいました。

借りたのが両親からとはいえ、返済するまでは気になってしまいました。
私は気が小さいからなのでしょうね。
返済した時はほっとしました。
借金を繰り返している人は、お金を借りるという状況に慣れていて、その感覚がマヒしているのだろうなと思います。

お金を借りてまで生活をしたいとは思いません

私はお金を借りる・・・という考えを持っていません。
勿論、お財布を忘れたり、たまたまおろし忘れていたり、というのはまた別の話です。

今あるお金でものを買う。それが、「今、自分にあった生活」なのですから、それに合わせてお金を使ったり、やりくりをするのが当然だと思っています。
ないお金を期待して、とりあえず借りて、何かを手にしようとは思いません。
ただ、自分自身、食べるものを手に入らないような、そこまで追い詰められた状態になったことがないからというのもあります。
もしかしたら、それくらいの立場になったならば、「借りる」という考えも出てくるのかもしれませんが・・・。

それは勿論、相手が親や友達だろうが、会社であろうが変わりません。

ただ、住宅に関しては、仕方ないものがあるのかなとは思います。何千万も、すぐに用意できる人は、そうそういませんからね。
私は、どちらにしても「借りる」=金利がつくというのに納得がいかないので、賃貸暮らしを続けています。

負のものは、背負わなくてすむなら、その方がいいと思っています。

親の好意に甘えてほとんど出して貰いました

結婚を決めた時に、私には400万円くらいの貯金がありました。結婚式の費用は、夫と私とで半分ずつ出す事に決めていたので、当然、私の分の費用はそこから出そうと思っていました。が、親に言うと「それは結婚後、必要になった時に使いなさい」と貯金を崩す事に反対されました。

その上で、結婚式の費用は両親が出してくれると言うのです。甘えてよいのか迷いましたが、結婚生活は長く続くものだし、途中でどんな大きなお金が必要になるか分からない、結婚式はあくまでもセレモニーなんだから、お金を掛ければ良いというものでもないとの両親からの説得に、結婚式自体の予算を縮小し、費用は両親に甘えて出して貰う事にしました。

一方、夫の両親も同じ意見だったらしく、夫の貯金も使わずに済みました。双方の親の意見が合っていたのもよかったです。両親に出して貰った費用のほとんどは、ご祝儀で補う事ができました。両親には、ご祝儀を新婚旅行の費用に充てたら?と言われたのですが、さすがにそこまで甘える事はできませんでした。